きれいなビル
たくさんのビル
色々なビル
公開履歴
おしゃれなリビングルーム

都市部では高級タワーマンションが人気を集めていて、居住目的以外にも投資や相続税対策に物件を購入する人がたくさんいます。投資や税金対策で物件を購入したオーナーの多くは、賃貸物件として活用しています。このため、賃貸物件の高級タワーマンションを居住目的で利用することができます。

高級タワーマンションに住むことには、多くのメリットがあります。最大のメリットは、中・高層階からの景観が素晴らしいことです。中層階より上は周囲に視界を遮る他の建物がなく、都心に居ながら富士山・房総半島・伊豆大島などの景観を楽しむことができます。高層建築物の周囲には一定のスペースを確保することが義務付けられているので景観が非常に良いです。

高級タワーマンションは高収入の人のための住宅なので、居住するだけでステータスになるというメリットがあります。タワーマンションは社会的に成功して高収入を得ることができるようになった人が購入するので、ハイステータスな気分を味わうことができます。特に高層階の部屋ほどステータスを感じやすくなり、友人や親戚に自慢をすることができます。友人などを集めてパーティールームで食事会を開くことで、他の人に自慢をする方法があります。

タワーマンションは普通の集合住宅と比べて、防犯のためのセキュリティ設備やフィットネスルーム・コンビニ・託児所・ゲストルームなどの充実した施設を備えています。資産家や企業の幹部が居住するので、特に防犯装置や警備員が常駐することでセキュリティ面で安全性が高いというメリットがあります。マンション内には共有施設が充実していて、住民であればパーティールームや展望ラウンジなども利用することができます。仕事が忙しい人でも、共有施設を活用することで便利な生活を送ることができます。

タワーマンションに住めば自慢をしたり便利な共有施設を利用することができますが、別のメリットもあります。中層階より上は風が強いので、蚊やハエなどの害虫が非常に少ないという特徴があります。物件の中にはバルコニーが設置されていてガラス戸を開けることができるようになっていますが、15階より上は虫を見かける機会はほとんどありません。虫が全く来ないという訳ではありませんが、戸建て住宅や低層階と比べると害虫の発生は非常に少なくなります。

タワーマンションの賃貸物件は普通のマンションよりも家賃が高額ですが、居住することには多くのメリットがあります。近年はタワーマンションが供給過剰気味になっているので、都心の便利な場所でも利用しやすい家賃の賃貸物件が増えています。

記事一覧