地震が起きたときタワーマンションは大丈夫?

高級なマンション

タワーマンションは高層建築物なので、地震が起きた時のことを心配する人は少なくありません。高層建築物は地震に弱いイメージを持つ人がいるかもしれませんが、建築基準法という法律により普通のマンションよりも高い耐震性を持たせなければならない決まりになっています。

1981年に建築基準法が改正され、それ以後に建てられた鉄筋コンクリート造の建物は地震ので倒壊するケースはほぼなくなりました。1995年に阪神淡路大震災が発生した当時も、神戸市内にはタワーマンションがありました。これにより神戸市内も震度6以上の強い揺れに襲われましたが、高層建築物の被害は軽微または皆無でした。

タワーマンションが多く建てられるようになったのは2000年代以降で、阪神淡路大震災以降に建築基準法が大幅に厳しくなった後です。このため、震度7の地震が襲ったとしても倒壊したり大規模な修繕や建て替えが必要になるほどの深刻なダメージを受けることはありません。

タワーマンションなどの高層建築物は、通常の建築物よりも地震や強風対策がしっかり行われています。例えば建物と土台の間に免震ゴムなどの制振装置が設置されていて、建物全体の揺れが増幅しないような構造になっています。普通のマンションは強度を高くする方法で耐震性を持たせているので、大きな地震が発生すると強い衝撃を受けて建物全体が叩きつけられるように揺れる場合があります。これに対してタワーマンションは免震・制振装置が備えられているので、衝撃が吸収されて建物が衝撃を受けないようになっています。

制振装置に加えて、タワーマンションは普通のマンションよりも軽量になるような建設技術が用いられていることで地震に強い構造といえます。パネル工法とは建物の骨組み部分だけを鉄筋コンクリートで作り、床や壁は軽い素材のパネルを接着剤で貼り合わせる方法です。ちなみにパネルを取り付ける際に使用される充填(シーリング)剤は、木工用ボンドや事務用の糊などを製造する大手接着剤メーカーが開発しています。パネル工法であれば高層建築物でも建物を軽量化することができるので、地震でも大きな力を受けずに済みます。

このように、タワーマンションは従来の鉄筋コンクリート造のマンションと比べて地震や強風対策を考慮して建設されているので、安全性が非常に高いというメリットがあります。建物全体が軽くて頑丈なので、大規模な災害が発生した場合には木造住宅よりも安全性が高いほどです。